アライグマ駆除で守られる生活|人間の敵は片端から猛攻撃

業者

気候で変わる事

困っている女性

困ったときは電話を

温暖化で今まで発生していなかった害虫が年々いたるところで発生し被害をもたらします。一番危ないのはキイロスズメバチというもので蜂が最も危険です。この害虫は、住宅街の中に巣を作ってしまうと子供がいる家庭などは不安になることでしょう。自分の家は大丈夫だと思っていてもキイロスズメバチにとっては巣を作りやすい環境と言えます。また、屋根裏や陰に隠れた多ところに作ることが多いです。家は天敵もいないので住みつきやすい場所なのです。もし、蜂を見かけたら刺激をしないで役所などに電話をして相談をしてください。地域によっては役所へ電話することで駆除してくれるところもあります。他では業者へ依頼し手駆除を行ってもらうことがほとんどなので、色んな選択肢があります。

一部地域では

キイロスズメバチなど蜂に関する被害相談が増え続けている都市部では、業者が毎日のように駆除作業に当たっています。最近は、気温上昇とともに年々増え続けるキイロスズメバチなどですが駆除作業が予約待ちとなっているのです。あまりにも依頼件数が増えたため人手も足りず中々作業が追い付いていないことが現状で、およそ1ヶ月待ちとなっています。このような時は、他にも駆除ができる業者がいると思いますので他を当たることも検討するといいでしょう。万が一、蜂に刺されてしまったら刺し口を強くつまみ毒がまわらないように応急処置をして病院に行ってほしいと思います。蜂には毒性が強いものも存在するからです。危険と隣り合わせで生活するため日ごろから気を付けて生活することが大事になります。

Copyright© 2016 アライグマ駆除で守られる生活|人間の敵は片端から猛攻撃 All Rights Reserved.