アライグマ駆除で守られる生活|人間の敵は片端から猛攻撃

二人の作業員

大人でも命の危機

業者

スズメバチに刺されるということは、大人でも危険な事である。したがって、スズメバチの巣の駆除に関しては、自分で行うよりもまず自治体への相談、問い合わせが賢明であるだろう。自治体によっては、無料で引き受けてもらえる可能性があるようだ。

» 読んでみよう

羽アリ駆除について

駆除業者

羽アリには、家に害をもたらすシロアリの羽アリと、害のないクロアリの羽アリがいます。シロアリの場合には羽アリ駆除は必須となりますが、クロアリの場合にはその限りではありません。この2つは似ていますが、発生時期や形状から見分けることも難しくはありません。

» 読んでみよう

ダニ駆除の問題点

哺乳類

どこを重点的に駆除するか

夜寝ている間にダニに刺されたという人は大勢いるでしょう。人を刺すダニの殆どがイエダニの種類とされています。刺されると痒くて迷惑なダニですが、小さい子供のいる家庭では、もっと深刻なことが起こります。それは、ダニによるアレルギーです。粘膜が痒くなったり、時には体中に発疹ができたりします。ダニ駆除では、家中隅から隅まで駆除することは不可能ですが、それぞれの家庭に合った駆除方法で行われます。アレルギーのいる子供の家庭では、リビング、子供部屋中心にダニ駆除が行われます。ダニ駆除の専門業者の中には、高圧ふとん乾燥機を配置して、ふとんのダニ駆除を受け負う業者も出てきました。今や、ダニの駆除は一筋縄ではなく、薬剤噴霧、燻蒸、寝具乾燥、熱処理など多くの方法が適用されます。

死骸を残さない工夫

ダニの駆除作業によって、ダニが死滅しても、更なる問題が残ります。それは、ダニの死骸のアレルギーを持つ人がいるということです。そのような家庭におけるダニ駆除では、ダニの死骸やハウスダストを極力残さないように作業が進められます。ダニの住処となるハウスダストを残すと、再びダニが繁殖し、アレルギーの原因を作るからです。 ダニを増殖させない工夫としては、電熱器具の使用頻度を抑えることも大切です。冬場に少なくなるダニが、真冬にも多くなる家では、ホットカーペットを日常的に使用している傾向が見られます。最近の家屋の密閉性もダニと取っては好都合なのです。ダニ駆除を依頼した折には、家内にダニを増やさないコツも教えてもらうと良いでしょう。動物の代表としてはアライグマが挙げられます。畑などを荒らすアライグマは、農家にとっての天敵だと言えるでしょう。

気候で変わる事

困っている女性

キイロスズメバチなどは刺激を与えてしまうと人に向かて攻撃をしてきますので、見つけた時には近づかないようにしてほしいと思います。見かけた場合は役所に電話をするなどして業者の方に駆除してもらうことを勧めます。

» 読んでみよう

Copyright© 2016 アライグマ駆除で守られる生活|人間の敵は片端から猛攻撃 All Rights Reserved.